即日で利用できる金額は

ショッピング枠現金化を利用する時、最初に把握しなくてはならないのが現金化できる金額です。ショッピング枠現金化では、使用するクレジットカードのショッピング枠の限度額以下で現金化することができます。普段はあまり気に留めない方が多いと思いますが、クレジットカードのショッピング枠には一人一人限度額が設定されています。限度額はクレジットカードの審査を受ける際に設定されるので、収入が安定している時に発行すると、その後無職になったり転職により収入が下がったりしても、限度額は高い状態で維持されることが一般的です(カード更新の際に転職情報などが伝わると限度額を引き下げられる可能性があります)。たとえば、限度額が30万円だったら、30万円の商品をクレジットカードで購入することができます。ショッピング枠現金化ではその商品を換金するので、商品代金から手数料を引いた金額を手にすることができます。限度額が30万円で、すでに10万円の商品をクレジットカードで購入している場合は、残り20万円まで利用できます。無論、限度額以上の商品は購入することができず、クレジットカードで決済する時に「使用できません」と言われてしまいますので、事前に限度額と残高について確認しておく必要があります。しかし、「先月高い商品を購入してしまい、ショッピング枠を使い切ってしまった」「30万円必要なのに、手数料が引かれるからぴったり30万円にならない。30万円現金化するにはあと5万円分必要……」ということもありますよね。そのような時は、もう1枚クレジットカードを使用して現金化するという方法もあります。ショッピング枠現金化は、1枚だけでなく複数のカードを使用することができます。無料系クレジットカードであれば比較的簡単・スピーディに発行することができるので、どうしても1枚では足りないという時は検討してはいかがでしょうか。ただし、決済は1枚ずつ行うため、複数枚使用するとその分決済手数料がかかります。なるべく限度額の大きなクレジットカードを使用して手続きを一回で済ませた方がよいでしょう。とはいえ、あまり大きな金額を現金化する時は、1枚のカードでも分割払いにするケースが多いです。50万円や60万円という商品を一度で購入すると、クレジット会社にショッピング枠限度額を疑われる可能性があるからです。クレジット会社はショッピング枠現金化を利用規約で禁止しており、カードショッピングの取引を一々チェックしています。消費者を守るための処置ですので、ある程度仕方ない部分があるでしょう。

還元率の見方

ショッピング枠現金化のサイトを見ると、還元率という表記があります。還元率とは「いくらの商品を購入したら、いくら現金が手に入ったか」ということを示す数値であり、業者選びの一つの指標になります。しかし、還元率が高いからといって、必ずしも還元率通りに現金化できるとは限りません。というのも、還元率の表記方法は統一されておらず、現金化にかかる諸々の手数料が含まれている場合と、含まれていない場合があるからです。たとえば、還元率99%いう業者があるとします。もしも還元率99%が本当なら、100万円を1万円の手数料で借りられるということですので、消費者金融と比べてもお得です。しかし、現実にはありえない数値です。なぜなら、業者が運営するためには人件費、広告費など諸々の手数料がかかりますし、業者自体が商品の販売(キャッシュバック)も行っている場合、クレジットカードで決済する際に加盟店手数料が発生します。加盟店手数料とは、クレジット会社に支払う手数料であり、クレジットカードで決済するために必要な費用です。加盟店手数料は通常、商品代金5%前後であり、ショッピング枠を100万円使用しようとすれば5万円も取られます。これは業者の利益にならない費用ですので、赤字を回避しようと思ったらどうしても還元率95%以下になります。にもかかわらず、還元率95%以上の表記をしている業者がいる理由としては、還元率の中に加盟店手数料を含めた諸経費が含まれておらず、消費者負担になることが考えられます。高い還元率を表記するのは集客のためであり、一覧表があったとしても実際に振り込まれる金額と違うのですから、誇大広告と言うことができます。集客のためとはいえ、サイトを比較して店舗を選んでいる消費者にとっては、少々うんざりしてしまいます。しかも、申込時に手数料を差し引いた振込金額を教えてくれる業者ならともかく、詳しい説明をしないでそのまま振り込む業者もおります。実際に振り込まれてから「話と違う」と抗議しても、話に応じてくれる業者は稀であり、話に応じたふりをして「キャンセルするにはキャンセル料がかかる」と、さらにお金を取ろうとする業者もいます。そのため、消費者が誤解するようなやり方で還元率を表記している業者、申込時に詳しい説明のない業者は、絶対に利用するべきではありません。ショッピング枠現金化の還元率は、取引金額に比例して高くなるので90%以上還元される可能性はありますが、一般的に80%前後です。